株式会社エネシス北上|地域の発展とガス事業の近代化を図ります。

消防設備点検    防火設備点検

TOP > 消防設備点検    防火設備点検

消防設備・防火設備点検

消防設備点検とは

消防設備点検は、建物の大小にかかわらず、消防設備の設置が義務付けられているすべての建物や施設で実施しなければなりません。消防法第 17 条において、消火器や火災報知器等の消防用設備等を設置することが義務付けられている建物の関係者(建物の所有者・管理会社等の管理者・入居者等の占有者)は、設置した消防用設備等を定期的に点検し、その結果を消防長または消防署長に報告しなければならない旨が定められています。

 もっと詳しく『消防設備点検』

☆ 当 社 点 検 事 例 ☆
 火災報知器点検 消火器の点検
感知器点検② 消火器点検③

 防火設備点検とは

建築基準法12条第3項の規定により、国及び特定行政庁が指定する防火設備の所有者 (所有者と管理者が異なる場合は管理者)は、定期的に「検査資格者」にその防火設備を検査させ、その結果を特定行政庁に報告しなければならないことになっています。

 

エネシス北上では、キメ細やかな点検を実施し、お客様に安心と安全をご提供致しております。

各点検のご依頼、お問い合わせ先は

株式会社 エネシス北上

TEL:0197-65-5544 までお願い致します。まずはお見積りを!